HOME >> 協会について

[協会の目的]トリミング技術の教育・地域の発展

ペット(犬)の普及は急速に進み、今では家族の一員と言ってもおかしくない社会になりつつあります。さらに犬は、盲導犬や介護犬、聴導犬やペットセラピー犬等、様々な分野で人間に多大な貢献をしています。
このような大切な犬たちと日々関わっているのがドッグトリマーです。
優秀なトリマーを育成し、人と犬が共存共栄していくのが私たちの社会的使命です。
現代のペット需要に対応するトリマー育成が今社会に求められています。
当協会は、教育関係者から行政経験者まで優秀な指導者により、最高のトリマー技術士を育成いたします。

こんな方が正会員に入会されています。高校卒業後、すぐにプロのトリマーなりたい!もう一度基礎からきちんと学び直したい!大好きな犬に関わる仕事がしたい!将来はペットビジネスで独立・開業したい!愛犬のために、何か役立つ知識や技術を身につけたい!
 
トリマー講座・講習

現場のプロが教える「実践的な講座・講習」

現役トリマーのスキルアップ講習や家庭で実践できるわんちゃんのお手入れ講座など、様々なイベントや講習会をご用意しております。

イベント一覧を見る
 
 

トリマーの資格が「中学卒業後から認定できる制度を導入」

中学卒業後からのトリマー資格認定制度
取得資格について

高校卒業とドッグトリマー資格の両方を取得できます!

トリマー技術の習得には多くの年数と年齢制限を要します。トリマー教育を低年齢から指導できる教育機関の普及と、インストラクターの育成ならびに認定が求められています。現在のトリマー業界は、犬猫など様々な分野のペットの扱いを約2年間で習得しなくてはなりません。

そこで我々は、犬に限定した指導と若年層からの教育を行うことで、よりプロフェッショナルなトリマーを誕生させることを考えました。日本ドッグトリマー協会では、日本ウェルネス高等学校と連携し、高校1年生からの3年間で、犬に特化したトリミング技術を学びます。さらに卒業後、希望者は2年間かけて経営学までも勉強できるカリキュラムを完成させました。

 
 
制度利用の実例

独立できる資格を取得しても、店舗や宣伝に多額の資金が必要で独立が困難であったトリマー技術士が、当協会の発給する移動トリマー技術士の資格認定制度による様々な優遇処置で開業をして、今も現場で活躍しております。

先輩たちの声
 

代表ご挨拶

一般社団法人日本ドッグトリマー協会 代表理事 竹内淳二
本気で犬を愛し、本気で「ドッグトリマー」を愛する人たちと同じ思いを共有

私の人生に縁がなかった「犬」、「ドッグトリマー」。
平成12年に運命の出会いがありました。ドッグトリマーの妻(えり子)と犬(ソラ)との出会いでした。
結婚後、平成14年、夫婦でキャンピングカーを改造した移動トリミング「ドッグエステ シャンティ」を創業しました。その後、平成20年に株式会社シャンティを設立し、今日まで多くの「犬」、「ドッグトリマー」と出会い、いつしか「トリマーの育成と普及」に邁進する日々となりました。

そして平成24年、更に人生を変える運命の出会い。教育者、指導者として高い志を持った素晴らしい教師、村山氏との出会い。「トリマーの育成と普及」を本気でやり遂げるという強い意志、決断を後押ししていただきました。その後、行政関係者をはじめ、法人各種団体、知人の協力や支援を得て、平成25年4月、一般社団法人日本ドッグトリマー協会を設立いたしました。
本気で「犬」を愛し、本気で「ドッグトリマー」を愛する人たちと同じ思いを共有し、地域や社会へ貢献できる協会を築いていきたいと思います。

ページ先頭へ